子育て支援事業 | 保育園経営 保育士採用 | プロケア 採用サイト

先輩の声

中途
児童支援員ひらお先生
2017年入社 正社員

こどもと気持ちを共有できた瞬間が一番嬉しいです。一緒にお腹を抱えて笑い合ったり、悩みを聞いて「それは大変だったね」と共感すると、こどもたちとの関係性がグッと近づくのが分かります。

中途
児童支援員(パート)しむら先生
2014年入社 アルバイト

学童は子どもと第二の家庭として、保護者のような感覚で接することができるところに魅力を感じます。また当たり前のことではありますが、おやつの際には成分や量を確認・工夫し、きちんとアレルギーのお子さんに対応して安全に配慮したり、イベントに合わせて手作りしてみたりと、しっかりと管理がされていることに感心もしています。

中途
児童支援員(パート)かわの先生
2014年入社 アルバイト

大学卒業後約30年間音楽教室の講師をしていました。主人の転勤にともない退職したものの、子どもと関わる仕事を続けたいと思いプロケアを選びました。

中途
児童支援員でん先生
2015年入社 正社員

「児童支援員」ならではの仕事の魅力・やりがいは、児童”支援員”でもありますが、時に仲間・友達のように子どもたちに寄り添うことが出来るところです。また、1~6年生の全学年と触れ合えるので、近くで成長の過程を見守ることが出来るのも魅力ですね。

中途
保育補助さの先生
2017年入社 アルバイト

他の園では資格がないと勤務ができないところが多いですが、プロケアでは無資格でも働くことができて、良かったと思っています。また、学童施設も運営しているので、研修にも行く機会もありました。保育園とは雰囲気が全然違うので、職員の方の対応の仕方や子ども達の過ごし方等見させてもらって勉強になりました。

中途
保育士かずみ先生
2017年入社 正社員

主任をする上で難しさを感じることも沢山ありますが、先生たちに頼りにして頂けることは嬉しいです。「この子はどうして泣くのだろう?」「発達っていったいなんだろう?」等、考えても正解がない仕事だからこそ、難しい反面すごく面白いですし、成長を見られたときの快感や嬉しさはたまりません。

中途
保育士くつざわ園長
2006年入社 正社員

行事等は今までのやり方にとらわれず、自由にアイデアを出して楽しめるものを目指しています。 「職員が楽しくなければ子どもも楽しくない」がモットーです。

中途
保育士かわぐち園長
2014年入社 正社員

20代から60代と幅広い世代のスタッフがいます。子育て真っ最中で不安なことがあるときにはアドバイスしてくれたり、料理の味付けなど教えてくれます。 何かのご縁で上白根で働いていますが、みんな「お互い様」を大切にとても良いチームワークで働いています。

中途
保育士すがの園長
2020年入社 正社員

園内の行事では、行事の意味を子どもにわかりやすく伝え、楽しめるものにしています。 保護者参加の行事では子どもの成長を保護者に見てもらえるように、発達断階に合わせた内容を考慮しています。

中途
保育士まつせ園長
2015年入社 正社員

0・1・2歳児は初めて経験することが沢山あります。 難しい事をたくさん経験するのではなく、年齢に合った小さな経験を少しずつ楽しめるよう企画をし、保育者が一緒に楽しむ事で「楽しい」という気持ちを伝えています。

中途
保育士みやと園長
2013年入社 正社員

以前は、昼礼を行っていたのですが、昼礼を行っているうちに、ちょっとしたことなど、日常で、お互いに言える雰囲気ができてきて、そこで話せるようになってきたので、今は何か特別に話したいことがある時だけ、昼礼を行うという形にしています。 その日のことについては、1分から3分程度の朝礼を行っています。 

中途
保育士やまぐち園長
2019年入社 正社員

いま、何に困っているのか、不安に思うことはあるかなど、コミュニケーションを取るようにしています。 わかっていて当たり前とは思わず、理解できるように伝えることが大切だと思っています。

中途
保育士きばやし園長
2008年入社 正社員

園児数が少なくなってきたら、書類作成有りの先生たちには保育から離れ、職員室などで集中して書類作成へ。 残業して書類作成がないようにしています。

中途
保育士うすい園長
2013年入社 正社員

コミュニケーションは園長から! 休憩中は二言三言面白い話題を振り話し掛けたり、笑いを提供して和やか…を越えて笑い転げてるときもあります。 「毎日楽しく過ごそう」という気持ちで、雰囲気作りを心掛けています。